運動でダイエットを成功させるには

運動することで消費できるカロリー

 

運動でダイエットを成功させるには
最近はさまざまな機能が付いた歩数計が登場しており、楽しみながら歩数を計測できるようになっています。 歩いた歩数分から、消費カロリーや燃焼した脂肪の量まで計算してくれるので、今日は歩くことでどれだけダイエットにつながったかがわかって励みにもなります。 ただしこれらの計測結果からわかることは、運動で消費できるカロリーはあまり多くはなく、食べる量はそのままで動く量を増やして痩せるのは、実際のところかなり大変です。

 

それでも運動は大事

 

そのため、摂取カロリーを減らすことと運動を交えながら取り組むのが効果的です。 摂取カロリーを減らせば必然的に体重が落ちてきますので、人によっては運動の必要性を感じないかもしれません。 けれども体を動かすことによって、これまで放置状態だった体に筋肉が付くことになり、この筋肉量が増えることで脂肪が燃焼されやすい体になります。 そうなると基礎代謝がよくなり、ただ暮らしているだけで消費するカロリーが多い体になれるのです。

 

体重減少と筋肉作り

体にバランスよく筋肉が付けば、ケガを予防したり、そもそもケガを招くような事態を防げる体になることができます。 単に食事を減らして体重を落とすのに比べ、さまざまなプラスアルファが運動を取り入れることによって実現するのです。 体を動かすことで脳も刺激を受けますので、将来的な認知症の予防にも効果があるとされています。 超高齢化社会に突入する日本では若いうちから認知症対策が必要であり、ダイエットでそれができるならこんなに良いことはありません。

 

体を動かして痩せるという意識

ただ食べるものを我慢して体重を減らしても、減ったとたんに気が緩み、また食べてしまうでしょう。 我慢していた分だけ体はスカスカの状態になっていますので、食べた途端にどんどん取り込んでしまい、また脂肪がついて元の木阿弥になってしまいます。

 

そうならないためにもやはり運動をメインにしたダイエットをすることが大事で、体を動かすことで脂肪を燃焼させて痩せたあと、太りにくい体にしていくことがポイントになります。

 

運動を続けるために

 

運動でダイエットを成功させるには
ダイエットのために運動は欠かせないものですが、あまりハードなものは継続できません。 続けるためにはいろいろなコツがありますが、そのひとつとして「楽しみながら」できることを行うと良いでしょう。 楽しいと感じることであれば、毎日でも継続して行えるはずですし、習慣づけることができればしめたものですね。

遊び感覚でできる運動を!

それでは、楽しみながら行える運動とはどのようなものがあるでしょうか。 まず、遊び感覚で行えるものを考えてみましょう。

 

例えば部屋でテンポの良い音楽をかけて、それに合わせてダンスするのも良い運動です。 ベリーダンスやフラメンコなどを習いに行くのも勿論良いですし、子供と一緒にアニメの曲に合わせて踊ることでも体を動かせます。 子供と遊びながらダイエットしたいのであれば、縄跳びやフラフープもおすすめです。 家族で公園などで長縄を回して跳ぶのも良いですし、フラフープは腰を回すことでおなか周りの脂肪も落とせます。 また家族でサイクリングに出かけるのも良い汗をかけるでしょう。 遊び感覚で行えることは身近にたくさんあるので、気負いせずにチャレンジしてみると良いですね。

 

仲間と一緒に楽しめる運動を!

一人ではモチベーションを上げにくいという人は、仲間とできることを考えてみましょう。 登山やランニングも、最近は練習チームを組んで行うものも増えています。 仲間と一緒であれば、励まし合いながら歩いて走って頑張れることでしょう。 またヨガもおすすめのダイエット方法です。 ヨガスタジオに行けばヨガ仲間と顔を合わせることができて、一緒にポーズを取ったり瞑想したりできます。 気の合う仲間と会えると思うとスタジオに通うのも楽しくなって、継続しやすいというメリットもあるでしょう。 ヨガは汗をかく上に体幹も鍛えられて、体の中からすっきり綺麗なプロポーションを目指せます。

 

ながら運動も取り入れて!

 

運動でダイエットを成功させるには
そのほかにも、毎日の生活の中で気軽にできる「ながら運動」を取り入れていきましょう。 座ったり寝転んだりして足を床から少し上げた状態で、テレビを見るのも腹筋を鍛えることができます。 おなか周りをすっきりしたいのであれば、CM間その姿勢をキープするなどと目標を立てて頑張ってみましょう。

 

マンションであれば、エレベーターを使わずに階段で昇り降りするだけでも、脂肪燃焼につながるはずです。 ダイエットはしんどい運動をするのが大切なのではなく、楽しいと感じることを続けるのが重要です。 楽しみながらどんどん体を動かしていきましょう。